愛犬きゃらが教えてくれたこと ver.1

2021年3月31日。
愛犬のきゃらが虹の橋をわたりました。
6歳と8ヶ月、突然のお別れでした。

 

数日間お休みをいただき。

 

みなさんにいただいたメッセージを読ませてもらったり。
お友達から、一緒にお出かけした時のきゃらの写真をもらったり。
お花を贈っていただいたり。
家族できゃらの写真をアルバムにしたり。

 

たくさんの時間、きゃらと向き合い、みなさんからたくさんの愛を受け取りました。
きゃらは短くとも幸せな犬生だったんだなぁと、優しい気持ちになり、癒されました。 

 

短い犬生の中できゃらが残してくれたことってなんだろう。

 

ここ数日頭の中をめぐるのはそんな問いばかりで。

 

もしかしたら、伝えたかったのはこういうことなのかも。を私の記憶に留めるためにも、何回かに分けて書かせてくださいね。

 

実はきゃらとは、4月2日にお花見に行くつもりでした。
虹の橋組のきゃらとも、どうしても桜を見たくてかぐらと行ってきました。
近くでお花見一緒にしてたかな^^

お花見を4月2日に決めたのは、
「トリミングの後でふわふわきれいだし」
「お友達との予定が合う日だったし」

だから、きゃらはそれ以前のお花見には連れて行かなかったんです。。。

 

4月2日に桜が見れる、そう思ったことが慢心だったなと。

 

犬の時間は、おおよそ人間の7倍で進むと言われていますよね。
人生より短い犬生。

 

1日は24時間しかないけれど。
明日でいいや、いつかでいいや。
ではなくて。

 

まずは動こう。

逢いたい人に逢いに行こう。

日々の愛犬との幸せな生活をゆっくり噛み締める時間をつくろう。

 

 

あなたは、いつかやろう、と思っていることありませんか?

投稿を作成しました 61

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る